大阪市はとてもコンパクト

スポンサーリンク

大阪市はとてもコンパクト

今回大阪でG20が開催された理由に警備のしやすさがあげられていましたが、阪神高速さえ封鎖すれば、だいたい市内のホテルへは大阪城から10分程度で到着したでしょう。

大阪環状線の中に主要ホテルが集中しております。東京でたとえるとだいたい中央線と山手線の南半分が大阪環状線内と同程度の面積ではないでしょうか。

大阪環状線の面積
だいだいこの中にホテルがありました
環状線内と同じ面積
大阪環状線内をカバーする面積は東京だと山手線南半分ぐらい
梅田⇔難波と新宿⇔渋谷が同じぐらいの距離か
名古屋だとこんな感じ
梅田⇔難波と名古屋⇔千種が同じぐらいの距離か

環状線内は坂もあまりないので、自転車移動が非常に便利です。築40年以上のビルがまだまだ環状線内にはあるのでどんどん更新されていくでしょう。大阪市内の環状線内においてはこれからもどんどん開発が進んでいくでしょう。

大阪は緑がないと言われますが、車で20分も高速に乗れば生駒山地や六甲山地などの本格的な山があるので、そこまで街中に緑の必要性を感じません。

ただ山に囲まれているので、大阪平野は関東平野や濃尾平野ほど開発できる平地がもうそんなにありません。関東ほどの人口は収容できません。

治安も悪いと言われていますが、もはやホームレスのオッサンたちも高齢化で暴れる元気もありません。

大阪市内に住んでみると本当に便利で「世界で最も住みやすい都市の3位」にランクインするのも実感できます。

しかし大阪市内に居住することの便利さや快適さを主張したところで、国内の評価においては東京マスコミのバイアスがかかるので何を言っても無駄です。これは名古屋や福岡などの他の主要都市にも当てはまります。そもそもマスコミというものはバイアスをかけるのが仕事なのですが、マスメディア産業は実質的に東京にしか存在していないので、東京以外の都市が栄えるのは非常に困るのでしょう。

そして相も変わらず大阪と言えば通天閣が映されるのでありました・・・。

超一般的な大阪のイメージ