北区曽根崎 1 丁目ホテル開発(関電不動産開発)

前に高架の道路があるから、こんな感じでは見えない

梅田の宇治電ビル跡地に関電不動産開発㈱がホテルを建設中。竣工後は、ホテル運営は㈱関電アメニックスが実施

関電不動産開発㈱

物件概要

敷地の位置・地番北区曽根崎一丁目45番1他
用途地域商業
敷地面積986.42㎡ ※
建築面積791.01㎡ ※
建築延べ面積8666.00㎡ ※
容積対象面積7881.16㎡ ※
客室数253部屋
階数地上17階 塔屋1階 ※
高さ65.28m ※

※ 建築計画のお知らせ参照

梅新東交差点のすぐ東 容積率800%、建ぺい率80%地域  周りの徒歩1分ぐらいのところに200部屋を超えるホテルはない

マップナビおおさか

路線価・公示地価から算定した土地価格

路線価(R1) 南署 39012209万円
路線価×敷地面積20億6161万円
近隣公示地価(H31) 北5-08180万円
公示地価×敷地面積 17億7555万円

※正面路線価は敷地が面している路線価のうち高いものを適用

すぐ近くに最高路線価地点の阪急百貨店前があるだけにここも路線価が高い。こんなところに分譲マンションができたら固定資産税だけでもかなりの負担。ホテルかオフィスビルの方が最有効使用。

路線価図(大阪府)

現地情報

建物はほぼ完成

梅新東交差点のあたりにはまだ古いオフィスビルがあるので、これから徐々に建て替えられていくのだろう。インバウンド効果恐るべし。ホテルの建築ラッシュが落ち着いて需要を満たすようになれば、簡易宿所や民泊物件の撤退が相次ぐと予測される。