常時SSL化にしてみた

Google Chromeでサイトを見ていると、アドレスの前に i(サイト情報の表示)というのがよく出てきます。

なんやろうと思って、クリックしたら「このサイトへの接続は保護されていません」と出てきます。

自分のサイトも同じマークが出ていました。

調べてみると時代は常時SSL化に向かっているとのことです。

よって、常時SSL化にしてみました。

「さくらのレンタルサーバ」を利用しているのですが、 WordPress常時SSL化プラグインが提供されたので、これに乗っかってしまえば簡単です。

面倒なhtaccessの編集や過去の投稿コンテンツの置換も全て自動でした。

【WordPress】常時SSL化プラグインの使い方
対象サービス・プラン さくらのレンタルサーバ、さくらのマネージドサーバ上で稼働するWordPress(ワードプレス)にて、常時SSLを有効にするプラグインを利用する方法について記載しています。 前提条件 設定手順 -----------------------------------------------...

無事 保護された通信 と表示されるようになりました。

何に対して保護されているか、よくわからないのですが、とにかく保護されていないよりは安全だということになります。

スポンサーリンク
ad