G20サミットがあったので車列を見に行ってみた

全く車が走っていない!当日の夕方

大阪城に近づいてみた

大阪城でG20の夕食会があると聞いたので、つい野次馬根性でどこまで接近できるか試してみました。せっかく大阪で開催されているのに、せめて超有名政治家の乗っている車列だけでも見てみたいと思い、自転車で大阪城に近づいてみました。

夕方にはほとんどの車が法円坂で降りて、大手門から入って行ったらしいので、帰りも法円坂から高速に乗るのではないかと予測しました。法円坂からNHKのあたりまで行ったらたくさん人がいたので、そこでボケーと待ってました。

目の前には大阪府警

めったにない機会なので顔は見えなくても車列だけでも見てG20の気分を味わおうという、単なるミーハーです。

サルのイラストのところでじっと待つ

主要国全ての車列が見れた!

じっと待っていた甲斐があって、おそらく主要国全ての車列を見ることができました。夜なのでみな真っ黒であまり見分けがつきませんが、国旗と威圧感でアメリカ、中国、ロシアの3か国は明らかに違いました。

やはりなんと言っても迫力があったのはアメリカでした。大統領が乗っていたビーストという車には日本の国旗とアメリカの国旗の二つがはためいていて、最初は日本か!と思いましたが、迫力がありすぎて、「アメリカや!」と誰かが叫んだので、オオオオー!という感じでした。 何と言っても警護の車の数が違いました。

ブレブレ画像 肉眼でははっきり見えました

その次に車の数が多かったのは中国でした。中国も紅旗という専用車でした。周りの中国人がオオオオオー!と言っていました。中国でも車列に近づけるのでしょうか。

紅旗?トヨタのセンチュリーみたいでした

そしてロシアもリムジンのような専用車でした。国旗が少しわかりにくかったのですが、他のヨーロッパの国とは違う迫力がありました。

でかいリムジンのような車

安倍首相はレクサスに乗っていて、手を振ってくれました。

レクサスだったような気がする

いつもニュースで見るトランプや習近平、プーチンなどの政治家が大阪城に集まったとはすごいことですね。車列を眺めていてG20の気分を少しは味わった気がします。次のG20が日本で開催される頃には生きてるかどうかわからないのでいい冥途の土産になりました。