コウモリランをコルク板に取り付けてみた

コウモリランなるものが最近流行っているらしく、というか、かなり前から流行っているらしい。

ちょっとオシャレな園芸店に行ってみると、吊るしていたり、壁掛けにして売っていたりするが、結構な値段がします。

いつもの癖で、こんなん自分でできるんちゃうのと思い、やってみました。

 用意するもの


コルク板

東急ハンズで1400円ぐらい。

30センチ×30センチの正方形です。
トップページ境界線

コウモリラン

写真のものは7寸です。

事務所近くの園芸屋さんで購入。

あとは水苔ナイロンテグスです。
トップページ境界線

 手順


植木鉢から引っこ抜いて、コルク板に根の周りについた土ごと乗せます。

根はデリケートらしいので、土を全部洗い流していません。
トップページ境界線

水苔をたっぷりと土の上から被せていきます。

水をやっていると、どうせ水苔が落ちていくので、多めに被せていきます。

ふんわりと被せていった方がいいようです。
トップページ境界線

ナイロンテグスで水苔が落ちないように巻いていきます。

透明のテグスを使うと目立ちません。

緩めに巻いたほうがいいようです。

横置きにして巻いたほうが簡単にできます。
トップページ境界線

立てたらこんな感じになりました。

なんとなくオブジェっぽくなります。
トップページ境界線

引っ掛けたらこんな感じになりました。

気温が15度ぐらいまでは大丈夫なので、夏の間は外に出して、日光と水をたっぷり与えることにします。

たいていの植物は水と日光があれば勝手に育つでしょう。
トップページ境界線

ついでに流木バージョンも作ってみました。

流木が小さいと水苔もあまり貼り付けられないので、大きくするなら板に活着させた方がいいですね。

大きくなることを祈りましょう。
トップページ境界線

へご板や焼き板に活着させるバージョンもあります。

コルク板付きのコウモリランを購入するとだいたい6千円以上になりますが、自作だと4千円ぐらいなので、あまり変わりません。

活着させて3週間ほど経過してますが、元気に育っています。

夏は水と日光を浴びせておけば大丈夫ですが、冬になって室内に入れた時に、水やりが面倒だなあと今更ながら気づきました。

壁に掛けたらオブジェみたいでオシャレですが、水がぽたぽた落ちて面倒くさそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天然ヘゴ板 (小)約30x20x厚み2.5〜3.0cm
価格:1976円(税込、送料別) (2016/10/13時点)

東急ハンズで売っていたようなコルク板が、通販サイトでは、見つけられませんでした。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad