データベース接続確立エラーが表示されて、真っ青

ワードプレスのサイトをもう一つ作ろうと思い、ドメインを取得して、追加でデータベースを作成しました。

ワードプレスをサーバーに追加インストールして、新しく作ったデータベースに対応させ、設置が終わった後、このサイトを見たら、あら大変!

データベース接続確立エラー

が表示されて真っ白になってしまいました。

最近データベースのバックアップを取っていなかったので、むっちゃ焦りました。

今までの入力したデータがパーになります。

えええええと思い、諦めようかと思いましたが。しかしこんな時でもネットでいろいろな有志の方が対処方法を教えてくれます。

一縷の望みを託して、データベース接続確立エラー で検索すると、自社の復旧サービスに誘導するサイトが多い中、親切なサイトがありました。

WordPressで「データベース接続確立エラー」と表示されるとき | 西沢直木のIT講座
WordPressを実行して「データベース接続確立エラー」と表示された場合、主な原因は設定ファイル(wp-config.php)ですが、具体的なトラブル発生パターンは2つあります。 1つはデータベース設定の記述ミス、もう一つはレンタルサーバーでの操作ミスです。 設定ファイル(wp-config.php)の記述ミスの...

原因がいくつか列挙されていますが、「設定ファイル(wp-config.php)の記述ミスの場合」ではないかと思い、FFFTPで該当ファイルを表示してみました。

phpファイルですが、メモ帳で開けてみました。当然書き込みはしません。

スクロールすると以下の情報が記述されています。

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘●●●●’);

すると●●●●の箇所のパスワードが、新しく設定したパスワードと異なっていました。

そもそも接続用パスワードを忘れてしまったので、新しいパスワードを設定したのですが、設定ファイル(wp-config.php)の記述はそのままだったために接続エラーになったようです。

早速、データベースへの接続用パスワードを表示されていた●●●●に戻しました。

お願いだから、再表示して!と念を入れたところ、元通りに表示されました。

復旧まで結構時間がかかってしまいました。

やはりデータベースの構造がわかっていない素人は、下手なことをしてはいけません。

データベースへの接続用パスワードを変更してしまった時は、注意しましょう。



スポンサーリンク
ad