取引相場のない株式 類似業種比準方式の見直し

平成29年1月1日以後に相続・贈与等により取得した財産の評価において適用されます。

 配当金額、利益金額、純資産価額の比重の変更

1:1:1 となりました。
利益要素の比重が 3→1 となり、比重が小さくなりました。
配当要素がゼロの会社の場合、利益要素の与える影響が小さくなり、利益要素と純資産要素の比重が1:1となります。

 類似業種の株価の変更

類似業種の株価に「前2年平均」が追加されることとなりました。
類似業種の株価に「連結決算を反映」させたものとすることとなりました。

上記変更により、純資産要素の与える影響が大きくなり、急激な市場の変動による影響が緩和されることが予測されます。

スポンサーリンク
ad
スポンサーリンク
ad