電子定款の作成方法

印鑑・定款認証の際に電子定款で提出すると4万円の印紙が不要となります。司法書士や行政書士等は電子定款認証のための電子証明書を持っていますが、個人でも当然取得できます。ICカードリードライターは今は安価になったので、導入コストは安くなりました。

・電子証明書を入手したら、PDF文書に電子証明書を添付しなければなりません。ある程度ソフトに詳しい方じゃないと結構難しいです。ここで挫折される方が結構多いです。結局 Adobe Acrobat でやるのが一番簡単です。

・無事電子署名をPDF化された定款に入れることができたら、次の難関が法務省の申請用総合ソフトのインストールです。電子署名文書を送信するだけにいろいろ設定しなければなりません。これがまた面倒で、完全にソフトウエアの導入作業です。設定が終わったら、今度は電子定款をアップロードし、また電子証明書のパスワードを入力して公証人に送信しなければなりません。

・私は、初めて導入作業を実施して、公証人に送付するのに半日かかりました。電話で質問しまくりでした。年に何回もしているとわかってくるのですが、設立の時に一回だけしかこの作業をしないのであれば、あまりお勧めしません。

・既にAdobe Acrobatを持っている方なら専門家に頼むより安く済みます。だいたいAdobe Acrobatを持っている方は、パソコンやインターネット環境に詳しいから特に問題ないでしょう。

公的個人認証サービスに係る「電子証明書」の交付(大阪市)