給与所得の計算 令和2年度版


給与所得 = 給与等の収入金額 - 給与所得控除額

気が付けば令和になっていました。令和2年度において給与所得控除が引き下げられましたにで令和2年度版を作成しました。

令和2年度の改正により、850万円超の高額の給与所得者においては、給与所得控除の金額は195万円を上限とすることになりました。

上限額の推移は以下の通りです。

  • ~ 平成27年 1500万円超 245万円
  • ~ 平成28年 1200万円超 230万円
  • ~ 令和元年 1000万円超 220万円
  • ~ 令和2年 850万円超 195万円

じわじわと上限額が下がっております。給与所得控除の上限額に達する額を高額給与所得者と定義するならば850万円超であれば高額給与所得者となります。

 自動計算フォーム

給与所得の計算を自動計算フォームで作成しましたので、目安として利用してください。
55万円以下は給与所得がゼロとなります。

給与等の収入金額給与所得控除額
180万円以下収入金額×40%-10万円
55万円に満たない場合 55万円
180万円超  360万円以下収入金額×30%+8万円
360万円超  660万円以下収入金額×20%+44万円
660万円超  850万円以下収入金額×10%+110万円
850万円超  195万(上限)